「かんそう曲」鑓水青年美術館 2008年4月21日~5月2日


by kannsoukyoku

カテゴリ:かんそう曲( 13 )

5月14日(8月まで)

8月まで


名古屋に戻ってきました。
とりあえず、体力の回復を図っています。

ポスティングシステムも、そろそろ描きだそうかと思っていますが、これからしばらくばたばたっとするので、ちょっと遅くなるかも知れません。

このあと8月までの予定は、今のところこんな感じです。
名古屋で3回ほど、関東でも1度、なにかやるようです。

お近くの方は、ぜひぜひお越しくださいね。

6月

愛知県立芸術大学大学院2年 油画版画領域 研究発表展

愛知県立芸術大学芸術資料館
2008年6月13日(金)~6月20日(金) 会期中無休
10時30分~16時30分(入場は16時まで)
http://aigei.grrr.jp/

7月

名古屋でワークショップ(?)
2008年7月19,20,21日のどれか2日間かもしくは1日

8月

こくぎ感ワークショップ(和紙良いフェスタ)

和紙のふるさと(愛知県豊田市)
2008年8月3日
http://kannsou.exblog.jp/i4/

しょうがく感

アーカススタジオ(茨城県守谷市)
日時未定(8月第2週を予定しています)
http://www.arcus-project.com/jp/
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-05-14 14:45 | かんそう曲

5月2日(歓送曲)


歓送曲
e0147115_0461171.jpg

最終日ということで、朝からいろんなひとが来てくれました。「Wあつしの大運動会」にも来てくれたてるみんさんや、ウィリアムさんや、アーカスプロジェクトのえんどうさんや、長津くんや、ドロシーや、ARDAのひとたちや、昨日もたくさんだったけど、今日もたくさんでした。

版画のたかのさんや、何人かのひとは微分帖のかんそう画も持って来てくれました。舞踏家の村田青朔さんからはかんそう文も届いて、とてもうれしかったです。

ウィリアムさんとは4、5日のうたの住む家と、まだできるかわからないけど9日のウィリ山ウンテンの飛び込みワークショップの話もしました。アーカスのえんどうさんとは、8月のワークショップイベントの打ち合わせ。微分帖もたくさんしたけど、今日は別の話もたくさんしました。

微分帖 May 2 2008 ⑤

バスにおばあちゃんが乗ってきた
ウバ車を杖代わりに席に着きました バスはどんどん停留所を過ぎていきます。
松本さん宅前 の犬小屋前のていりゅう所や
臼井さん宅前の 美人妻がよくいる所の
あさひのうきょう前駅も いちにち
一本の 急行バス
なので 止まらずに、当然
すべるように トイレ前ていりゅう所や
木村さんの庭の採石場前
ふと、おばあちゃんは 自分が降りる一個前の停留所で立ち上がり
ヨタヨタと降りていきました。

微分帖 May 2 2008 ⑨

アイスを食べる
寒い、寒いと 冬の日に
こたつで あたたまりながら
アイスをたべる こたつだから
みかんの いっぱい入ったカゴがあり
そこから一つ グレープフルーツを
取り出そうと思ったけど グレープフルーツはトマトではなく
そうでなければやめて リポDにたよろうと思ったが
精力剤は 当然はいっていないので
やっぱり みかんをとって食べようとしたけど
気がかわって アイスを食べる
おばあちゃんにもアイスおそなえだって 年末だから
そのあとは そばを食べながら
こたつの中に猫がいる、と 言いながらも
ひたすら食べる。

そして会期も終わり、かたぎりさんとぴしゃりとしらいくんと長津くんに手伝ってもらって搬出しました。かんそう曲もおしまいです。

一昨年この会場をつくったぼくの友だちはちょうど去年の今頃に亡くなってしまって、ぼくは彼女のことをそれから一日も忘れたことがありません。そして、毎日考えているうちにぼくの作品はひとりで作っていくものだけでなく、いろんな人が参加できるものへと変わっていったような気がします。

だから、ぼくは鑓水青年美術館で個展が今できてとてもよかった。新しい課題も見つかったし、今までのものにも新しい発見がありました。

やってることは、くだらないようなことだけど、かんそう曲に来てくれたひとが、なにかをここから持って帰って、ずっと元気でいてくれたらいいなぁと思います。

あぁ、面白かった。また来たいなぁ。
e0147115_0522565.jpg

かんそう曲は、

かたぎりさん、いがらしくんはじめ鑓水青年美術館スタッフの皆様
ながつくん、ぶんちゃん、シケモクバスキングバンド、あやこちゃん
だいちくん、セガール、たかせ、ともきよ、ACD、中村

に協力して頂きました、
ありがとうございました。


今後の予定は、

4、5日 うたの住む家 http://www.voiceblog.jp/utanoie/
8日   アーカスプロジェクト見学
9日   ウィリ山ウンテン飛び込みワークショップ(???)

です。

[PR]
by kannsoukyoku | 2008-05-02 00:51 | かんそう曲
びぶん絵本・団地・渋滞
e0147115_032201.jpg

連休になって学生は少なくなっているようですが、今日はいろんなひとがかんそう曲に来てくれました。デュッセルドルフで会っただいちくんとか、京都の尾崎くん、取手のなかやまさん、一緒にかんそう曲コンサートをしたぶんちゃんとか、版画科のグループとか油絵科1年生グループとか、たくさんです。

だいちくんは博士課程で渋滞学の勉強をしていて、話を聞くととても興味深かったです。連休の最終日にはサンプルをとるために渋滞にはまりにいくらしい。

自分の展示の搬入を終えてから来てくれた尾崎くんは、静岡のアーティスト、深澤くんと「びぶん絵本」なるものを作って来てくれました。微分帖を絵本でやるとどうなるか、というもので、会場で改めてまたつくってみるとなかなか面白かった。今後も、継続してみてもいいかもしれません。

尾崎くんのグループ展はこちら
http://www.tokyo-ws.org/hongo/index.html

取手アートプロジェクト2008のことも少し聞きました。今年は団地に作家が住んで展示やいろんなことをするらしい。まだ詳しくは決まっていないようだけど、予定が空いていたら参加したいなぁ。
TAPハウスでも微分帖をやってみてくれたみたいです。うれしいなぁ。

取手アートプロジェクト
feed://tap2007.exblog.jp/atom.xml


微分帖 May 1 2008 ①

わっ!
財布に suicaと
VISAカードと 期限の切れた
学生証と たくさんのレシート。
でもこっちの きのう
散歩の 定番コースをそれて
初めて立ち寄った川原 でも
なんだか 初めてじゃないような
気もする川原 で、たそがれながら歩いていたら思いがけずズボンのすそをずぶぬれにしてしまい
少しげんなりしながらまた歩いていたその 途中で
ひろった かばんには
花びらの舞う 桜の木の
下であった 小学校の
思い出と 百円しか
入ってない!

いろんなことがあった「かんそう曲」も、明日が最終日です。コンサートの編集も間に合ったので、一度来た方も、まだのかたもぜひきてくださいね。たくさんあそびましょう。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-05-02 00:42 | かんそう曲
火山でホットケーキをつくる

今日は千葉県の柏からわざわざ来て頂いたお客さんがいて、彼女との微分帖が面白くなりました。

微分帖 Apl.30 2008 ⑤

これからしぶやに
ゆくのです。 お弁当と
水筒を持って 着がえや
パジャマを 忘れないように
と 最近
やっと 長く
つらい きびしい
かなしい 親子で
本気の かくれんぼの
旅……!! でもたまに
たのしい 旅のはてに
探し出し ママと
呼べるようになった ママに言われたので
気をつけました。 大きなバッグに
つめて はじめてひとりで
電車にのって お友達に
会いに行きます。

あと、前に来てくれたお客さんが、なぜか大きな虫を捕まえて見せに来てくれたりしました。彼とも微分帖をしました。虫はちょっと苦手だけど、前に来てくれたひとがまた来てくれると、うれしいです。

微分帖 Apl.30 2008 ⑥

何もすることがない。
そうだ。 図書館によって
友だちに 昔
何もすることがないときに 逆立ちをして
目は半開きで まだ君が
地球に生まれてくる前 大陸じゅうが
火山で ホットケーキを
作っている頃、 海が
小麦粉で 埋めつくされて
いる 別の星で
消防士をしていた頃の 美しい思い出を
思い出しながら 読むといいよ
と すすめられた
本を借りて 帰りに
スーパーに寄ろう。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-04-30 00:19 | かんそう曲
祝日のかんそう曲
e0147115_19284136.jpg

今日は祝日でしたが、「はくぶつ感」で以前美術手帖にレビューを書いていただいた田中さんや、「Wあつしの大運動会」のときにBankARTでとうじ魔とうじさんとすばらしいパフォーマンスを見せて頂いた舞踏家の村田青朔さんや、多摩美の博士課程のひとや、1年生のひとや、取手アートプロジェクトでスタッフをしているゆーみんや、武蔵野美術大学の大学院生や、思ったよりいろんなかたに来て頂きました。

2006年に参加した取手アートプロジェクトの、最近の話も聞いたりしました。ぼくは取手に行ってから作品がだいぶ変わりました。今年はどんなふうになるのかなぁ。

取手アートプロジェクト
feed://tap2007.exblog.jp/atom.xml

微分帖も7冊もできました。

「天気が気持ちよくて電線を蹴って空に行ったら、太陽がニコニコしていたけど、昨日はなぐりあった」話とか、「酸っぱさを超えて初恋の甘みを感じるほどの梅干しを食べているときに見たびっくり人間より、大きい本棚をつくった」話とかができました。

「かんそう曲」も、残すところあと3日です。

ビデオ編集が間に合うかちょっと微妙になってきたけど、最終日までには作って、みんなで見てみたいなぁ。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-04-29 19:32 | かんそう曲
記録してくれる
e0147115_043088.jpg

鑓美の記録をしてくれているあおきさんに、「かんそう曲コンサート」の写真データをいただきました。手作りのケースにCD-Rを入れて来てくれて、うれしかったです。どうもありがとう!あと、誕生日おめでとう(さかもとなっちゃんも)!

自分のしていることを記録してくれる、というのは、なんだか他のこととはちがったうれしさがあるなぁ。鑓美のブログにも書いてくれています。

http://blog.livedoor.jp/yaribi/

下の写真は、シケモクバスキングバンドと一緒にポルカを演奏したところです。楽しすぎて、ぼくは頭のあたりがちょっと溶けているみたいです。

e0147115_044074.jpg

e0147115_041350.jpg

ビデオも早く編集して、会場で流せるようにしたいなぁ。

ところで、明日は祝日のため、開廊が3時までとなります。もし来られる予定のかたは気をつけてくださいね。

微分帖 Apl.28 2008

フィジーは
僕が思っていたより 物価が
安かった。 すし屋で夏休み
はたらいた。 けど、
バックレて 爆発して
塵となり その塵をあつめて、貧乏なおじいさんとおばあさんに再生してもらい
貧乏なジジイとババアに恩返しすべく、もう一度すし屋でバイトして、でも、 やっぱり
ヒミツの方法で、 お金が山ほどできて
ハッピー でも航空券は予算ぴったりでした。
物価は安いけど距離が思ったより ずっと
遠かった。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-04-29 00:22 | かんそう曲
e0147115_128651.jpg
うたのすむ別荘

日曜日だったので、普段来られないお客さんが来てくれました。バンカートスクールで会ったひとたち(倉敷から来たひとも!)や、ACDのえぶちさんと森本さんや、うたのすむ家のあかはねさんなどです。

みんなと微分帖で遊んだり、えぶちさんと森本さんとあかはねさんでつくった微分帖でうたをつくったりしました。2曲もできて、あかはねさんは今、「うたのすむ家」というプロジェクトをしているので、うたのすむ別荘みたいだなぁ、と思いました。

そして実は、「うたのすむ家」の公演がもうすぐあります。

かんそう曲コンサートがちょっとでも楽しかったひとは、こちらもけっこう楽しめると思います。まだたぶん予約が間に合いますから、ぜひいらしてください。ぼくは撮影で参加します。といっても記録ではなくて、パフォーマンスをスクリーンにライブ投影するための撮影らしい。

どんなことになるのかなぁ。

うたのすむ家
http://www.voiceblog.jp/utanoie/
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-04-27 00:57 | かんそう曲
e0147115_2154092.jpg

かんそう曲コンサート

土曜日なので学生も少なく、朝はゆっくり長津くんの置いていった鍵ハモを吹いて遊んでいると、鑓美のあおきさんたちが来てくれたり、テキスタイルのドロシーたちが来てくれたので、微分帖で遊びました。あと、油絵科のさかもとなっちゃんと工芸科のエースくんが微分帖の読書感想画を描いて持って来てくれたので、早速展示しました。
e0147115_2155065.jpg

そうこうしている内に長津くんとぶんちゃんも到着して、昨日に引き続き「微分帖の音楽」と「星のような音楽」のリハーサル。「微分帖の音楽」はドロシーたちの読み方がおもしろかったので、彼女たちに本番のデモを一緒にやってもらうことにしました。

そして、お客さんも集まって、かんそう曲コンサートの始まりです。


「星のようなファンファーレ」


はじめはぼくと長津くんとぶんちゃんで、インスタレーション「星のようだ」と「百日オセロ」を楽譜にして即興演奏しました。オセロの色を、鍵盤に貼った7色の諧調に対応させて吹いていきました。

長津→宮田→ぶんちゃんの順でソロをした後、みんなでセッション。オセロに書いてあった「いがらしひげをそれ」をみんなで叫んだりしました。
e0147115_216182.jpg

e0147115_2244024.jpg


「微分帖の音楽」


7、8人の3グループに分かれて微分帖を作って、それを出来上がったらみんなで読むのですが、はじめはひとりが読んで、2回目はふたりが読んで、3回目は3人で読んで、というような朗読の仕方で8回目まで読んでみると、音楽のようにも聴こえてきて、しかも微分帖をつくったひとと同じように、聴いているひとも楽しめているようでした。いのっちの声がよかったなぁ。

そのときの微分帖では、「手が発疹みたいにケチャップみたいに赤くて、赤くない手を買いに飛行機のチケットを買って、ひとりでピザを食べる」話と、「雨の中でおとうさんとおかあさんと影踏みをしていると、洗濯のためにおかあさんに服を脱がされて、でもチョコがあるから安心、安心」な話と、「明日はデートだから、あたまの木が天パてクルクルになっちゃうから、晴れてほしいけどやっぱり雨」の話が出来ました。どれも名作です。


「シケモクバスキングバンドのアイルランドのかんそう曲」


アイリッシュバンドの、「シケモクバスキングバンド」のライブの前に、長津ミヤタぶんちゃんで間奏曲を吹いたあと、コンサートをしてもらいました。とても楽しい音楽で、特に一緒に演奏に参加したポルカは本当に楽しかったなぁ。

もうすぐ軽井沢でもライブがあるようです。
とてもよかったので、機会があればまた聴きたいなぁ。

ここでシケモクバスキングバンドの音楽が聴けます。
http://www.myspace.com/shikemokuband
e0147115_2161259.jpg

そして最後に、シケモクが練習中で聴けなかった「微分帖の音楽」を再演して、コンサートは終了しました。ゲストがお客さんのパフォーマンスを見るなんてあんまりないことだと思います。おもしろいけど、とても感動的でよい時間でした。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-04-26 00:25 | かんそう曲
e0147115_21263624.jpg

星のようなファンファーレ
今朝はまず、少し体調をくずしていた鑓水青年美術館の館長のいがらしくんが来てくれました。この場所はぼくの友人が設立に関わっているので、引き継いで運営してくれていてうれしい、と伝えたり、他にもいろんな話をしました。

長津くんとぶんちゃんも来てくれて、微分帖の音楽のリハーサルをしたり、百日オセロと「星のようだ」を楽譜にして鍵ハモを吹いてみました。ひさしぶりだったけど、やっぱり楽器をさわるのは楽しいです。

かんそう曲コンサートのプログラムも出来上がりました。微分帖の音楽はリハーサルだけでもいろんな人に参加してもらってとても楽しめたので、明日もたくさんやってみたいなぁ。




かんそう曲コンサート
==================
シケモクバスキングバンド(アイリッシュ・バンド)
長津結一郎(東京芸術大学大学院音楽研究科音楽文化学専攻)
ぶんちゃん(東京芸術大学大学院音楽研究科音楽文化学専攻)
4月26日(土)17:00~19:00ごろ

星のようなファンファーレ(星のような音楽・ソロリレー→百日セッション)
 
 会場でワークショップをして出来た「百日オセロ」と「星のようだ」をつかって、ぼくと長津くんとぶんちゃんで鍵ハモセッション

微分帖の音楽

 微分帖を作り、その微分帖を、真ん中にいくにしたがって人数を増やしながら朗読

シケモクバスキングバンドのアイルランドのかんそう曲

 アイルランド音楽のバンド、シケモクバスキングバンドによる、アイルランドの間奏曲や歓送曲などの音楽




という予定です。いろんなひとが来てくれるといいなぁ。

微分帖 Apl.25 2008 ⑤

花の蜜を
吸いながら歩く小学生 東京から
大阪まで 車をよけて
人をよけて でも
たまにさみしい ときも
あるので 猫にはたまについて行く
という感じで 3ヶ月を
かけて 花をつんでは捨てて歩くので
通ったあとには花の残骸の列が出来る。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-04-25 21:28 | かんそう曲
e0147115_2101252.jpg

今週の土曜日

彫刻科の女の子とちらし彫刻をしました。名古屋造形大学の「はくぶつ感」のときにも彫刻科のひとたちと相撲したことはありましたが、彼女はじっくりと、今まで見たことのない、とても強いちらし彫刻を作りました。
多摩美の彫刻科のひとたちとも相撲大会してみたいなぁ。

その彼女たちとつくった微分帖です。
ちなみに、今週の土曜日はかんそう曲コンサートです。

微分帖 Apl.24 2008 ④

今週の土曜日は
雨がふるかもしれなくて 晴れたらいいなって思って、
窓ぎわにてるてるぼうずを ひゃく
と 2個つるしたけれど
そんな自分が なんだかとっても
ラブリーに思えて、 ニヤニヤしてたら、
逆に、そんな自分が、 少しこわくなって
けっきょく はち
個 つるした。
でも、 あの人をドライブに
さそえませんでした。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-04-25 20:57 | かんそう曲