「かんそう曲」鑓水青年美術館 2008年4月21日~5月2日


by kannsoukyoku

カテゴリ:かんそう文( 4 )

5月21日(へうげもの)

めくるめく編集

体力を回復させながら、3月に京都で撮影に参加した「めくるめく紙芝居」を編集したり(はやく送らなくては)、部屋を片付けたりしていました。この勢いで自分の作品も一度まとめたいなぁ。去年の名古屋市美の「びじゅつ感」以来、忙しくてなかなか自分の作品の編集が間に合っていません。

e0147115_16543856.jpg
へうげもの

いつも搬入前に読んで気合を入れているマンガ、「へうげもの」のブログを久しぶりに見てみたら、下のほうだけど「かんそう曲集」がリンクに入っていました。うれしいので、「かんそう曲集」にもリンクをつけてみました。

主人公の古田織部は、創意工夫を凝らして茶碗や茶室を作り、茶会をします。ぼくはふだんインスタレーションした会場に机を置いて、来たお客さんとワークショップをしていたりするので、勝手に何か近いものを感じたりします。

「へうげもの」は週間モーニングで、隔週連載中です。せっかくだから、「腸々夫人」を投稿してみようかなぁ。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-05-21 00:38 | かんそう文
次に会ったら

昨日と今日は休日でした。今日は長津くんとお好み焼きを食べに行ったのだけど、TVで流れていたドキュメンタリーで二人とも泣いてしまった。映画だとあまり悲しくならないのになぁ。

長津くんとは、どうも涙もろいのが共通点かも知れません。でも別にいつも泣いてるわけではないので、悲しさの感じ方が近いのかな。うたの住む家の公演はもう終わったけど、ふたりで名曲「あみ投げた」を何回も歌っています。

「あみ投げた」は恋のうたなのだけど、大事なひとを亡くしたひとにとってはちょっと違うようにも取れて、そういう意味でもいいうたです。機会があれば、いろんなひとに聞いてみて欲しいです。

明日は茨城県のアーカス・プロジェクトへ見学に行きます。8月ごろに、何かできるかな、という感じです。お近くのかたは、ぜひ。

リ・ポスティングシステム

「かんそう曲」の鑓水青年美術館は、今日から新しい展覧会をしています。とてもたくさんのひとが参加するグループ展で、ぼくも飛び込みで新作「リ・ポスティングシステム」を出品しています。

会期の確認のためにブログをのぞいたら、いろいろと「かんそう曲」のことについて書いていただいていました。やっぱり、かんそう文はうれしいなぁ。

ときめき☆鑓水ランデヴー
展示期間 5月7日(水)~5月17日(土) 10:00~17:00
公開搬入期間 5月7日(水)~5月10日(土)
◯ クロージングパーティー ◯
"どきどき鑓水ランデヴー" 5月17日(土)17:00~
http://www.yaribi.net/
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-05-07 22:48 | かんそう文
e0147115_21252334.jpg
めくるめく紙芝居
京都の山科へ、めくるめく紙芝居の撮影に行ってきました。

お寺の本堂のなかで、演劇のようなダンスのような不思議な芝居が繰り広げられます。林加奈、井上信太、山下残、HANA☆JOSSというアーティスト、振付家、音楽家が、一年間、障害のある人とない人とともにつくってきた舞台作品の、発表の日でした。

本番前にどんなことになるか説明してもらったけど、きっと本番のなかでどんどん変更されるだろうと思って、今日は即興で撮影するつもりでいました。撮影機材は固定カメラ×2、ハンディ×2だったので、万が一ぼくのが変なのしか撮れなくても、たぶんなんとかなります。林加奈さんをはじめとても魅力的な演者たちをどう撮るか、楽しみながら撮影しました。

面白い舞台でした。井上信太さんがつくった桜の電車がすてきで、車掌さん役もすてきだったので、電車が発車するところだけは絶対にかっこよく撮ろうと思って撮影しました。

そしてちょこっと打ち上げにも参加して、また名古屋へ。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-03-30 21:26 | かんそう文

3月18日(卒業式)

卒業式

やっと編集が終わった「かがやけ44人の輪」のDVDを持って、瀬戸市の小学校へ。下校時刻は過ぎていたけど、校庭で遊んでいたあらどん達に見つかって、すごく遠くから名前を呼ばれる。あの距離から人を見つけられるなんて、すごいなぁ。

明日は卒業式だそうです。いちおう間にあって、よかった。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-03-18 20:29 | かんそう文