「かんそう曲」鑓水青年美術館 2008年4月21日~5月2日


by kannsoukyoku

5月9日(再演「腸々夫人2巻・さ行の基本の巻」)

再演「漫読・腸々夫人」
e0147115_23364734.jpg

「かんそう曲の東京ぶらり旅」最終日は、高円寺のライブハウス、円盤で行われた「ウィリ山ウンテンvol.30 アフターうたの住む家」に飛び入りで参加してきました。ウィリアムさん、どうもありがとう。

ウィリアムさんが作ったブラジルのごはん
肉と豆を煮込んだものをごはんにかけて食べるそうです。日本でいうところのごはんとみそ汁的な感じらしい。一杯300円。おいしいです。

安野太郎さんの音源に即興演奏セッション(即興からめーる団・徳久ウィリアム・ぼぶ・中ムラサトコ・長津・宮田)
ループする音源にうたの住む家に参加したアーティストなどが一組ずつ参加していきます。生音でループするのはぼくでもそんなに難しくないし、楽しい。

漫読・腸々夫人2巻 さ行の基本の巻(漫読ー徳久ウィリアム/ピアノ漫伴ー長津結一郎 映像ー宮田篤)
はじめての再演で、やっているうちに早く3巻が描きたくなってきました。ウィリアムさんに漫読してもらうと、「腸々夫人」がまた違った雰囲気になります。3日くらい集中すれば、新作もぱっと描ける気がするんだけどなぁ。なかなかまとまった時間がとれません。
e0147115_23354788.jpg

即興からめーる団とボブの鍵ハモ・ピアノ・いろいろコンサート
すてきな鍵ハモ2重奏や、ぼぶ作曲の「なんとかかんとか(忘れた)…桜」という曲の演奏など、「即興からめーる団」はふだんはこんな感じなのか、と思いながらみました。でもやっぱり、最後は「ウィリアムのうた」という変わったうたで、ぼくも参加しました。ウィリアムさんは苦笑いでした。

歓談(微分帖ワークショップ)
次のセッティングの間に、微分帖ワークショップです。お客さんにも参加してもらって、その場で微分帖をつくりました。ウィリアムさんは苦笑いでした。

微分帖 May 9 2008

柔道しながら
裸で 酒を
のんだら マイクに
げきとつして さか立ちになって
はな血がでて ついでに
腸が出て その腸が
からまって すべって
ころんで 気を失ったら
ふとんの中にいて 今日の
ことが 夢に出た
ウィリアム

中ムラサトコさんのうた
最後はボイス・パフォーマーの中ムラサトコさんのうたで、おしまいです。ちょっとえろい、すてきなうたでした。6月には名古屋にも来るらしい。ぜひ、行きたいです。
[PR]
by kannsoukyoku | 2008-05-10 23:52 | うたの住む家